お電話でのお問い合わせはこちら

0120-141-012

受付時間 10:00~19:00(水曜定休)

2020.09.22

中古を買ってリノベーションで作る理想の暮らしは様々

こんにちわ!少し夏バテ?業務バテ気味の大畑です。

「中古を買ってリノベーション」をしてから早いもので丸3年。
今回は私の理想の暮らし作りのご紹介をさせて頂きたいと思います。

まず「好きな街」から考えてこのエリアを選び、次に「どんな暮らしがしたいか?」を家族でじっくり考えて今の住まいは出来上がりました。

そういったプロセスを踏むと「わが街」「我が家」感が一層高まるのか、住めば住むほどにこのエリアが好きになり、益々北摂押しになっている状態です^^でもそれって精神衛生上は絶対いいことですよねー☆


写真はリビングドアを入った所からベランダ側に向けてのLDKの景色。
娘二人があっち行ったりこっち行ったり。我が家でのわちゃわちゃしているいつもの平和な日常です。

「理想の暮らし」ってそもそもなんだ?

それは絶対持っていないと無いとダメなものではありませんが、テレビのドラマに出てくるような見てくれだけが良い家でもなく
ハイスペックの機器で固められた誰かにとって良いであろう暮らしではありません。

理想の暮らしは住まう人それぞれが持っている価値観の体現。

それはどんな小さな事でも良いんです。

住まう人にとって何が居心地がいいのか?

「モノ」ではなくどんな「コト」や、どんな「時間」をそこで過ごすかということが重要になってくるんだと思います。

リノベーションは自由設計!

子育て前半期、我が家にとっての〝今〟の「理想の暮らし」は家事動線と見渡しの良い住まい。

二列型キッチンのシンク側で調理や盛り付けをしつつそのままダイレクトにテーブルへ配膳。

食事が終わればまたダイレクトにシンクに洗い物をバックしてそのまま食洗器へGO!

娘達が宿題などをしていても常に目が届きつつ、一緒に何かを考えたりも出来る距離感となっています。

そして、キッチンの対面にはリビングを配置。

元々は個室であった空間も今は面影もありません。

こちらもキッチンに立ちながらもリビング側を見渡すことが出来、会話が出来る距離感となっています。

キッチンを起点にL型にダイニングとリビング。

この配置は全ての人にとっての理想では勿論なく、我が家の家族構成、住み方、価値観

そして何より今の時期にフィットしているということでの理想の暮らしということが言えるのです。

理想の住まい創りには解りやすく見所を入れておく

沢山入れて頂いても良いのですが、あんまりコッテリならない方が望ましい。

ちょっと拘ったインテリアの家具や内装など、やはり最低でも1つは入れて頂くとよりそのご家族らしい空間になります。
「理想の暮らし」の前にもう1つ形容詞を付けるとしたら〝世界に一つの〟理想の暮らし。
多少の類似は勿論ありますが世界に一つのビジュアルを作ることで何より愛着も高まります。

アクセントの木製の壁面の裏側は寝室。
飾り棚が裏表で奥行を変えれる工夫をしています。

是非、中古を買ってリノベーションで皆さんだけの理想の暮らしを実現して下さい。